鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

国産ドッグフード「鶴亀長寿 安心の国産素材を使用 添加物無添加ドッグフード 通常購入 価格 ¥3,600(税込)〜

犬の歯みがきで困っている飼い主様はたくさんおられると思います。歯みがきガムを与えることは楽ですが、完全に磨くことはできません。犬用の歯ブラシで磨くことも愛犬が嫌がることが多く、なかなか思うようにできません。カーゼなどで磨く方法も、上手くできなかったりカーゼを誤飲するトラブルも多いです。何とか、上手く歯みがきをする方法はないものかと、考えに考え抜きました。

(2015年3月2日)

歯石除去に危険な全身麻酔

私は歯石を取るために、愛犬に危険な全身麻酔はしたくありません。

日優犬高松(にちゆうけんたかまつ)を開業してから約15年になりますが、お客様から「歯石を取ったほうが良いと獣医さんに言われて取ることにしましたが、全身麻酔をしたら愛犬が亡くなってしまいました。あんなに元気だったのに。何でこんなことに。」という連絡をいただいたことがあります。

どこに怒りと悲しみをぶつけたら良いのかわからず、話を聞いて欲しいとペット用品を購入していた当店に連絡をいただきました。今でも、その時の泣きながら状況を説明しているお客様の様子は鮮明に覚えています。私も本当につらくて、悔しかったです。

犬の歯の治療の場合は、人間のように部分麻酔と言う考えはありません。治療中に暴れると危険なので、基本的には全身麻酔をして治療をします。歯石を取るときも基本的に全身麻酔です。中には、麻酔をせずに歯石を取る獣医さんもおられますが、まれです。ほとんどの病院では、全身麻酔をします。(獣医さんも本当は全身麻酔はしたくないのですが、麻酔する方法しかなく悩んでいる方が多いです。)

犬の全身麻酔の死亡率は、人間の全身麻酔の死亡率より10倍も高いと言われています。死亡率は、0.1%と言われ、1,000頭に1頭は麻酔で死亡していると言われています。アメリカの麻酔学会のデータによると、0.5%となっています。ただ、アメリカにしても日本にしても報告されていないケースがたくさんあるようなので、実際の数字はもっと高いと私は思っています。

私は数字の正確さの話をしたいのではありません。全身麻酔によって元気だった愛犬が、一瞬にして死亡してしまうというケースがあることを知っていただきたいのです。しかも、生死にかかわる病気を治すための手術の麻酔ではなく、歯石を取るために全身麻酔をして、死亡してしまうことがあるという事実です。

私は歯石を取るために死亡のリスクのある全身麻酔は、自分の愛犬には絶対したくありません。

想像できますか?今そこに一緒にいる元気な愛犬の歯石を除去しようと病院に行って、全身麻酔をすると、そのまま二度と目を覚まさない愛犬の姿を。こんなつらいことはないです。

だったら、歯石はほったらかしにしておけばいいのでは?と思う方もおられるかもしれませんが、

歯石対策を全くしないと、将来歯がグラグラになったり、歯が抜けて食事が上手く食べれなくなることもあります。歯石対策を全くしないと、歯石が原因となって大きな病気を引き起こす場合もあります。歯茎の血管から入った細菌が大きな病気の原因になることもあります。

愛犬を全身麻酔から守るためにも、歯周病(歯槽膿漏)などの病気から守るためにも、日常的に歯垢(しこう)を除去してあげることが大切です。

歯みがきをしなければ、歯の根の表面に、歯垢がたまります。この歯垢は、石灰化して歯石になります。歯垢と歯石にさまざまな菌が繁殖します。すると、歯茎に炎症が起こり歯肉炎になります。進行すると口臭がひどくなったり、歯が抜けたりします。

歯のトラブルについて、ご紹介したいと思います。画像は東京都練馬区の田柄動物病院様に提供していただきました。

3歳以上の犬の約80%くらいが歯周病になっているとのデータがあります。

歯石付着

歯石キセキ

歯石が付いている状態です。歯が茶色く変色しています。歯の付け根の歯茎にも炎症があります。

歯石除去後

歯石キセキ

歯石を除去した後の写真です。茶色い歯石はきれいに除去されました。

エプリス

歯石キセキ

ちょっと聞きなれないと思いますが、エプリスという歯肉部分にできる腫瘍です。歯垢が原因の1つと言われています。

除去後

歯石キセキ

腫瘍を除去した後の写真です。

このようになる前に、少しでも予防してあげることが必要です。

愛犬が上記のように治療している様子を想像するだけでも、胸が痛いですよね。

歯垢(しこう)は除去しないと硬い歯石になり、こびりついた歯石は歯みがきでは取ることができません。

軟らかい歯垢の段階で除去してあげなければなりません。歯垢はそのままにしておくと、約5日くらいで歯石に変わると言われています。

何とか、歯垢が歯石になってこびりついてしまうことは避けたいです。

歯垢は軟らかいので、歯みがきで除去できます。しかし、歯石になると歯みがきではどうすることもできなくなります。

そこでまず考えるのが、ペットショップやホームセンターなどで販売されている歯みがきガムなどです。

歯みがきガムなどでも多少は取れることはありますが、すべての歯をきれいに磨くことはできません。

ただ、飼い主様は楽だと思います。歯みがきガムさえ与えていれば、歯みがきをさせているように思えるからです。しかし、数年たって動物病院などで診てもらうと、たくさんの歯石がついていることがほとんどです。

歯みがきガムの中には、硬い骨の形をしたものもあります。ペットショップやホームセンターなどでもよく販売されているので、一度は見たことがあるかもしれません。

どれくらい歯石が予防できるかは別問題にして、硬い骨型の歯みがきガムは、私は絶対に愛犬には与えません。それは、喉に詰まって犬が死亡する事例が多数発生しているからです。

10年位前の話ですが、当社に商品の集荷に来ていただいていたヤマト運輸のドライバーさんがいました。実家でシーズーと一緒に生活していた方です。集荷の時にたまに、そのシーズーちゃんの話をすることもありました。すごくすごく愛情を注いでおられました。ある日、いつものようにシーズーの話をすると、残念ながら数日前にシーズーが亡くなってしまったと言われました。私が「確か2歳でしたよね?もしかして、交通事故か何かですか?」とお伺いすると、「母がペットショップで買ってきた歯みがきガムが喉に詰まって、窒息死してしまいました。」とのことでした。まさに、今説明した骨型の歯みがきガムが喉に詰まって窒息死したのです。こんなつらいことはありません。

全身麻酔と言い、歯みがきガムと言い、飼い主様が愛犬のためだと思って行ったことが、最悪の結果を生んでしまったのです。

「歯石キセキ」の開発

10年以上前の話ですが、私はずっと考えていました。そんなことなら歯石まみれで生活したほうがまだましではないのかと。命を落とすくらいなら、歯石が付いたままでもいいのではないかと。

しかし、どう考えても歯石はつかないほうが良いに決まっています。歯石は大きな病気の原因になることもあるからです。将来歯が抜け落ちて、食事を食べれなくなるのもかわいそうです。何とか少しでも歯垢を除去できないものかと。

そこで、10年位前から歯みがきおもちゃの販売を開始いたしました。おもちゃにイボイボがついていて、噛むだけで歯垢が取れるというおもちゃでした。アメリカで大人気のおもちゃで、アメリカから直輸入して販売しました。

そのおもちゃを噛むようになってから「獣医さんに歯がきれいですと言われました」という声が続々と届くようになりました。少しでも歯石を予防できて良かったと思いますが、このおもちゃにはいくつか欠点がありました。

あまりにも喜んで噛みすぎて、歯が欠けてしまう子がまれにいる。ワンちゃんの噛み方によって、きれいになる歯ときれいにならない歯が出てくる。

最大の欠点は、自分でそのおもちゃで遊ばない子は、全く歯みがきができない。

硬いおもちゃでしたので、ほとんど報告はなかったですが、10年で数人のお客様から歯が少し欠けたというご連絡をいただきました。前歯はきれいですが、奥歯はきれいになりませんとご連絡をいただいたこともありました。数十頭に1頭くらいの割合で、全く遊びませんというご連絡もいただいていました。

10年くらい販売した中で、自分の中ですごく葛藤がありました。

少しではありますが歯が欠けた愛犬がいる、でも歯がきれいになったという喜びの報告もたくさん来る。全く噛みませんと返品も一定の割合でありました。しかし、一方で「おもちゃがないと歯みがきが困ります。このおもちゃが一番遊んでくれます。」という喜びの声も多かったです。遊ばないと返品もありましたが、たくさんのリピーターさんもいらっしゃいました。

しかし、完全に安全ではない、すべての歯がきれいに磨くことができない、遊ばない子は全く意味がないなどのいくつかの欠点がある以上、このまま販売すべきかどうか毎日迷い続けました。

迷っているときに、アメリカで製造していたのですが、どんどん品質が悪くなり、商品として販売できるものは、1,000個仕入れると、300個くらいになってきました。おもちゃの形が崩れていたり、色むらがあったりと。

いくら製造レベルを上げてもらう交渉をしても「アメリカでは許容範囲です」という回答だけ全く品質が安定することはありませんでした。1,000個仕入れて、300個は販売、残りは訳あり品として販売、どうにもならないものは捨てる。こんな状況が少し続きました。

そんなある日、すごく少数ではありましたが、歯が欠けてしまった愛犬や飼い主様のことを考えるとこれ以上販売することはできないと、私はそのおもちゃを販売中止するという決断をして、リピーター様にご連絡をいたしました。(製造の品質が安定しないことも販売中止の1つの要因ではありました。)

「なくなったら困ります」「販売を続けてほしいです」「似たような商品はどこかでないですか」など数か月間は、毎日のように問い合わせをいただきました。今でもお問い合わせをいただくこともあります。

リピーターさんだけのために、商品を仕入れて販売することも考えましたが、私は決断していました。

もっと安全で、もっと多くの愛犬の歯をきれいにすることができる新商品を開発、販売すると。

それからは、歯みがき関係のグッズをひたすら集め、実験し、改良できないか、他にいいアイデアはないかなど、1年以上悩みましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。

歯ブラシ型の歯みがきは、愛犬は棒を口の中に突っ込まれるので、結構嫌がります。おとなしくしていないので、1本1本歯ブラシで磨くのは結構大変です。中には上手に歯みがきをさせてくれるワンちゃんもいますが、珍しいと思います。噛む力の強い大型犬の場合は、歯ブラシを噛んで「ポキッ」と折ってしまう子もいます。折れた歯ブラシで口の中を怪我する子もいます。

歯石キセキ

歯ブラシで磨く方法は、結構難しいです。愛犬が歯ブラシで遊んで磨くことができない場合もあります。また、歯の裏や奥のほうまで磨くことが難しいです。

歯石キセキ

ガーゼで磨く方法も、歯の裏や奥のほうまできれいに磨くことは難しいです。小さいガーゼを使うと、誤飲するケースもあります。

人差し指に指サックのような形状で歯を磨くタイプも検討しましたが、口の中で外れてしまって愛犬が誤飲してしまうことがあったり、1本の指だけを使うので、なかなかうまく磨くことができないという欠点がありました。ガーゼなどを使用する場合も、同様でした。

何とかならないものかと悩みつくしているときに、考えました。

指サックのようなものは確かに部分的には磨きやすいです。ただ、誤飲の恐れや奥のほうの歯は磨きにくかったのですが、すべての指に指サックを入れて歯みがきするとどうなるのだろうかと。

1本の指で磨くよりは、はるかに磨きやすかったです。しかし、歯みがき途中で外れることもあり、愛犬が誤飲しそうになることもありました。

すべての指がつながっていれば、誤飲することはないのに。そう考えている内に、てぶくろ型の歯みがきであれば、誤飲することもなくまた、複数の指で上手にいろんな部分の歯が磨きやすいのではないかと。

ためしに軍手で歯を磨いてみると、すごく磨きやすかったです。(今でも軍手で歯を磨くことを推奨している獣医さんもおられます。)

さらに、口の中に歯ブラシのような棒が入ることは愛犬はすごく嫌がりますが、飼い主の手であれば、愛犬はそれほど嫌がらないこともわかりました。

愛犬は歯を磨かれているという感覚よりも、飼い主様の手とじゃれて遊んでいるような感覚ではないかと思います。

軍手でもある程度は歯垢は取れますが、さらに歯みがき効果を高めるために、軍手よりも品質の良い手袋を作り、その指先に歯を磨くためのギザギザのナイロンをつけました。口の中に入るものなので、もちろん品質の良い日本製で、ピンクのナイロン部分が歯みがき途中で口の中で取れてしまうこともありません。小指などで歯を磨くことは難しいので、親指、人差し指、中指の3本の指先にギザギザのナイロンをつけました。

歯石キセキ
歯石キセキ
歯石キセキ
歯石キセキ

これを使えば、愛犬と遊ぶような感覚で歯みがきができます!

私はこの手袋で自分の歯を磨きましたが、歯を磨いた後、うがいをして、歯を指でこすってみるとびっくりするくらい、歯が「キュッキュ」と鳴ることにびっくりしました。歯ブラシではここまで「キュッキュ」とはならないです。これで、愛犬の歯垢もしっかりと除去できると思います!

私はこの商品を「歯石キセキ」と言う商品名にいたしました。

ワンちゃんだけでなく、もちろんネコちゃんにもご使用いただけます。

歯石キセキ
歯石キセキ

1袋に、2枚入っています! 両面の6ヵ所にピンクのナイロンが付いていますので、 右手でも左手でも使用できます。片手で磨いても結構ですし、両手に手袋をして磨いてあげても結構です。

歯みがき手袋「歯石キセキ」が愛犬ちゃんとの幸せな生活を続けるための1つのアイテムとなることを祈っています。

もし、歯石キセキをもっと早く開発していたら、10年位前に全身麻酔で亡くなってしまったお客様のワンちゃんは命を落とすことはなかったかもしれません。もっと早く歯石キセキを開発していたら、歯みがきガムが喉に詰まって亡くなってしまったヤマト運輸のドライーバーさんの愛犬は、今も生きていたかもしれません。

悔しくて悔しくてたまらないです。

このページを読んでいただいている方も、「うちの子は大丈夫だろう」と思っているかもしれません。「今は歯石もついていないので大丈夫だろう」と考えているかもしれません。

しかし、数年後、10年後には何らかの歯石によるトラブルに巻き込まれるかもしれません。もしかしたら、歯石を取るために全身麻酔をして、愛犬が亡くなってしまうかもしれません。

現在、老犬になって、歯がグラグラになったり、抜けたりしてドッグフードを食べることができないワンちゃんもたくさんいます。人間のように、入れ歯をすることはできません。

できれば毎日「歯石キセキ」で磨いてあげて欲しいですが、毎日愛犬の歯を磨くのは大変なので、2~3日に1回でも結構です。1本1本磨くのが大変であれば、サッと軽く磨いてあげるだけでも結構です。毎日きちんと丁寧に磨くほうが良いに決まっていますが、何もしないよりは良いと思います。

ちょっと大げさかもしれませんが、愛犬の歯の病気を守るために、全身麻酔から命を守るためにぜひ、歯みがき手袋「歯石キセキ」をお役立ていただければと思います!

「歯石キセキ」の制作風景

※歯みがき手袋「歯石キセキ」は、「生活介護・就労継続B型・施設入所支援」施設 清浄学園で製造しております。1つ1つ責任者の方が、きちんと検品しております。この歯石キセキを製作する作業がとても好きだと言ってくれる利用者の方もいます。施設利用者の方の仕事を増やすためにも、この「歯石キセキ」をたくさん販売することが使命だと思っています。施設利用者の方の仕事も増えて、日本中の愛犬の歯石もどんどんきれいになることを願っています!

歯石キセキ

代表者の大眉篤司(おおまゆあつし)も作ってみました。

歯石キセキ

アドバイスをいただきながら、心を込めて作りました。

歯石キセキ

ピンク色のナイロン部分を指先の形に丸くしています。

歯石キセキ

手袋の指先にピンクのナイロンを貼っていきます。

歯石キセキ

両面合わせて、6ヵ所に貼ります。

歯石キセキ

アイロンでプレスして、ナイロン部分を接着します。

歯石キセキ

温度とプレス時間は正確に行っています。

歯石キセキ

2回プレスが完了しました。ピンク色のナイロン部分がしっかりとくっつきました。

歯石キセキ

パッケージを2つ折りしています。

歯石キセキ

1つ1つ丁寧に作業をしていただきました。

歯石キセキ

完成品をビニール袋の中に入れています。

歯石キセキ

これで、完成です!

歯石キセキ

作業現場の風景です。

歯石キセキ

一生懸命に黙々と制作していただきました。

歯石キセキ

手袋は福岡県の工場で作っています。中国製などの外国製ではございませんのでご安心ください。口の中に入るものなので、国産で品質の高い手袋にこだわりました。

「歯石キセキ」の使い方

歯石キセキ

ピンク色のナイロン部分でやさしくこすってあげてください。

歯石キセキ

奥歯もしっかりと磨いてあげてください。

歯石キセキ

犬歯は2本の指でつまむようにして磨いてあげてください。

歯石キセキ

歯がきれいになって、愛犬ちゃんも気持ちいいと思います!

歯みがきは子犬の時から行うことがベストです。

子犬の時から、飼い主様が口の中に手を入れても抵抗がないようにしておいてください。

将来、口の中を触らせるのをすごく嫌がる愛犬になると大変です。病院に行っても、歯を診ることすらできなくなります。
ましてや、口の中を触ろうとすると獣医さんに噛みつく犬も多いです。

できるだけ歯石キセキを使って、子犬のうちから口の中に手を入れられることに慣れさせておいてください。
すでに成犬でなかなか歯みがきをさせてくれない場合は、まずは「歯石キセキ」をつけて、数日間体のいろんなところを触ったり、顔などを撫でてあげたりして、徐々に慣れさせてあげてください。

そして、何日かかけて徐々に歯を磨いてあげてください。
初めは、1本から磨くのでもよいと思います。

嫌がる子を押さえつけたりして歯を磨くことは、愛犬にとってストレスになりますので、あせらずにゆっくり慣れさせてあげてくださいね。

口の中を自由に触らせてくれる子は、どんどん磨いてあげてください!

口臭対策にも、「歯石キセキ」をお役立てください!

愛犬にペロペロされたときに思わず「うぁ、臭い!」と感じたことがある飼い主様も多いと思います。

口臭は口の中の雑菌の繁殖が原因の1つです。歯みがき手袋「歯石キセキ」で歯を磨いてあげることによって、口臭も少なくなります。

口臭で悩んでいる方も、ぜひ「歯石キセキ」をお役立てくださいね!

愛犬に気持ち良く「ペロペロ」してもらいましょう!

購入をお迷いの方へ

今現在、歯にトラブルがない場合は「まぁ、歯みがきはしなくてもいいか」

と思われている方もおられると思います。

歯石で悩んでいる方でも、「まぁ、歯みがきガムでも噛ましていればいいか」と思われた方もおられると思います。

歯のトラブルは、今は大丈夫でも年齢を重ねるにつれて必ず出てきます。
将来、歯がグラグラになったり、抜けてしまうことも多いです。

老犬になったときに、愛犬が食事できない姿は本当に見ていてつらくなります。犬の歯の治療は、人間のように進んでおりません。

今はまだ大丈夫でも、毎日の習慣として、歯みがき手袋「歯石キセキ」で歯を磨いてあげてください。

愛犬の口臭が少なくなるだけでも、ますます愛犬ちゃんとのスキンシップが楽しくなると思います。

このページと出会ったのも何かのご縁だと思います。

上手く歯みがきできなかった場合は、使用後でも返品も受け付けておりますので、ご安心してご注文下さい。

「歯石キセキ」の商品詳細

歯みがき手袋「歯石キセキ」(1袋、2枚入り)(犬用・猫用)

※愛犬ちゃんとコミュニケーションを取りながら、歯みがきをしてあげてくださいね!

歯石キセキ
歯石キセキ

【手袋】 日本製

【指先のナイロン】 国産

【製造】 日本

【サイズ】 フリーサイズ

【枚数】 1袋、2個入り。(右利きでも左利きでもご使用いただけます)

※中国産などの安価な手袋は使用しておりませんのでご安心ください。すべて、国産、国内製造です。使用頻度にもよりますが、衛生面も考えて、2ヵ月~半年ごとに新しい「歯石キセキ」に取り替えてくださいね。毎日使用する場合は2ヶ月くらいで、数日に1回使用する場合は、半年くらいをめどに交換してくださいね!

歯石キセキ
歯石キセキ

両面の6ヵ所にピンクのナイロンが付いていますので、 右手でも左手でも使用できます。

片手で磨いても結構ですし、両手に手袋をして磨いてあげても結構です。サイズはフリーサイズです。男性でも女性でもお使いいただけます。手の大きな男性の方は、初めは少しきついかもしれませんが、使っているうちに徐々になじんできます。

使用後は、水洗いをして乾かせて下さい。洗濯機で洗濯する場合は、洗濯ネットに入れて下さい。

「歯石キセキ」のご購入

「歯石キセキ」のご購入
  • 「歯石キセキ」のご購入
  • 「歯石キセキ」のご購入
  • 「歯石キセキ」のご購入

歯石キセキ

  • ・全国どこでも配送料無料
  • ・お支払手数料無料
  • ・1年以内返品無料
  • ・平日12時までにご注文で当日発送
容量:
1袋(2枚入り)
価格:
¥2,200(税込)
[1枚あたり¥1,100]
数量
容量:
2袋(4枚入り)
価格:
¥4,000(税込)
[1枚あたり¥1,000]
数量

・左右、どちらの手でもお使いいただけます。

・1袋のみのご注文の場合はクロネコヤマトのDM便(直接ポストに投函)で発送します。お届けまでに3日~7日くらいかかりますので、ご了承下さい。封筒に入れての簡易発送になりますので、ご了承下さい!

・1袋のみのご注文の場合のお支払い方法は、「クレジットカード払い」または「後払い」になります。代引きはご利用いただけませんので、ご了承ください。

・使用頻度にもよりますが、衛生面も考えて、2ヵ月~半年ごとに新しい「歯石キセキ」に取り替えてくださいね。毎日使用する場合は2ヶ月くらいで、数日に1回使用する場合は、半年くらいをめどに交換してくださいね!

「歯石キセキ」のお客様の声

お客様の声を送る

“「一人で磨いています(笑)」" (奈良県 匿名希望様)

「歯石キセキ」お客様の声

大眉先生(*^^*)本日歯石キセキと鶴亀長寿届きました!ランはカミカミ大好きですぐにお遊び感覚で始めました。たまたま置いてあった歯石キセキを引っ張り出して来て一人で磨いています(笑)素敵なお品をありがとうございます。これからも良い商品の開発楽しみにしています。

代表 大眉篤司(おおまゆあつし)より
ご連絡ありがとうございます!お写真もありがとうございます!全く想定外の使用方法です!まさか、一人で歯みがきをするとは!ランちゃん、写真を見るとピンクの部分を上手く噛んでいるので、自分で歯みがきしているのでしょうかね!ギザギザが気持ちいいのかも知れませんね。奥のほうは自分では磨くことができないと思いますので、しっかりと奥のほうまで磨いてあげてくださいね!※手袋を一人で噛んでいるとピンクのナイロン部分が取れて、誤飲の可能性もありますので、基本的には飼い主様が歯を磨いてあげてくださいね!

“「歯石がポロっととれました!」" (千葉県 匿名希望様)

先日購入させて頂いた歯石キセキなのですが3回ほど使った時に、奥歯にべっとりこびりついていた硬~い歯石がポロっととれました!!そして、奥歯を観察したら他の歯の歯石も取れていました。何年もこびりついていた物だったのでびっくりです。購入してみてよかったです!本人はあまり口をいじられるのが好きじゃないので歯を剥き出しにしたり、時々噛み付いてきたりしますが。笑 (本気噛みではないです)鶴亀長寿をご褒美に一粒ずつ与えながら根気よく続けていたら多少慣れてきたようです。この時も鶴亀長寿を見せると目の色が輝きます。笑 素晴らしいものをありがとうございます!

代表 大眉篤司(おおまゆあつし)より
ご連絡ありがとうございます!歯石キセキで、何年もこびりついていた歯石が取れたようで良かったです。歯磨きもだんだんと慣れてきているようですね!鶴亀長寿でのご褒美作戦が成功したようで良かったです。これからも歯石キセキで毎日歯を磨いてあげてくださいね!

“「いつもしていた臭いがしない!」" (東京都 匿名希望様)

はじめて歯石キセキを購入いたしました。通いの病院で、ハミガキの重要性を知り、調べていたところ、御社のホームページを見つけて購入しました。うちは、まだ若いので、歯石の事を重要視していませんでしたが、早速試してみると、なんだかいつもしていた臭いがしない!?です。臭いの原因が、気付いていませんでしたが、歯石だったのでしょうか。他の方法でケアしていたつもりが、できていなかったようで、反省と驚きでついメールさせていただきました。今後は、この商品で、きちんとケアしていこうと思います。

代表 大眉篤司(おおまゆあつし)より
この度はご連絡ありがとうございます!歯石キセキで口臭もなくなったようで良かったです。口臭の原因は、歯垢や歯石に雑菌が繁殖して発生します。歯石キセキで歯垢などをきれいにしてあげたことによって、口臭もなくなったのだと思います!他の方法で歯みがきをされていたようですが、上手く歯垢などが取れていなかったのかもしれませんね。これからは歯石キセキでしっかりと歯を磨いてあげてくださいね!

もっと見る

日優犬高松の商品一覧