鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

犬のお座りの教え方


sit

 

犬のお座りの効果的な教え方

オスワリは必ず、教えてください。愛犬の行動を止める意味でとても重要なしつけです。

まず、愛犬に首輪とリードをつけてください。
飼い主様はリードを短めに持って、愛犬のすぐそばに立ってください。

「オスワリ」と優しく一度だけ声をかけて、自分の手を愛犬のお尻にあて、上からお尻を押して座らせてください。

オスワリが上手にできたら、愛犬の毛並みにそって軽く撫でて褒めてあげてください。褒めるときに「よしよし」「いい子だね」「上手にできたね」などと声をかけてください。軽く、優しく褒めて下さい。大げさに褒める方法は逆に愛犬を興奮させる結果になる場合があります。優しく褒めてあげればOKです。

大型犬などでなかなかお尻を押しても座ろうとしないときは、リードを愛犬の斜め上方向に引き、それと同時に腰のあたりに手をあてて斜め下方向に押すと、座ります。

「オスワリ」のかけ声は初めは家族で統一してください。「オスワリ」でも「座って」でも英語で「SIT」でもOKです。大きな声や興奮した声などで初めから教えると後々、困ったことになる場合もありますので、強い口調ではなく、老人やお子様レベルのかけ声がお勧めです。できるだけ、お年寄り、子供、女性など家族で一番声質の弱い方のレベルに合わせてください。

座った後、すぐに立ち上がろうとする愛犬の場合は、座らせたときに腰やお尻にあてた手をしばらくそのままにして、少し押さえつけるようにしてください。そのままの姿勢で、優しく褒めてあげてください。

うまく出来るようになってきたら、徐々に声のトーンを小さくしてください。最終的には小声で掛け声をしてもすぐに座れるようになるまで練習してください。

上記の方法はまず、家の中や自宅の敷地内で練習してください。完全にできるようになったら、公園や外で練習してください。誘惑の多いところや気の散るところでもどこでもできるように練習してください。愛犬に自信を持たせるために、はじめはできるだけ静かな気の散らないところで練習してください。

練習中では、気分によって出来る日や出来ない日もあります。体調のすぐれない日もあります。ですので、「昨日はできたのに。」などと叱ったりすることは絶対にしないでください。また、ほぼ100%出来るようになったからといって褒めることをやめることはしないでください。犬は人間とは違います。大人になったからと言っても人間のようには成長しません。一生涯、人間で言えば幼稚園児くらいの脳の構造なのです。ですので、一生涯、うまく出来たときは褒め続けることが愛犬のしつけの基本になります。

早く覚えさせるコツは、飼い主様がかけ声をかけて、愛犬が上手にオスワリが出来て、そのときに褒める時間の長さに影響されます。愛犬の心にオスワリが気持ちのよい快感を想像させる言葉にしなければいけません。できれば、オスワリが出来たその瞬間に褒めてあげてください。オスワリと言ってもなかなか座らないので何回も「オスワリ」と連続で言ったり、おもちゃなどで気を引くことは避けてください。掛け声をかけたら、手で押さえてでも結構ですので、早く座らせ、早く褒めることを心がけてください。