鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

なぜ、市販のドッグフードは臭いのか?


今までに「ドッグフードって臭い」と感じたことがある

ドッグフードを愛犬に食べさせようとして、「ドッグフードって何か臭いね」と思われたことがある方は多いと思います。

私も自分でドッグフードを開発するまでは「ドッグフードは臭いのが当たり前」とどこかで思っていました。しかし、それは間違っていました。人間が食べることができる原材料で普通にドッグフードを製造すると、ドッグフードは臭くならなかったのです。臭いのは、原材料が臭いのが原因だったのです。

自分でドッグフードを製造してみて、「ドッグフードが臭いのはおかしい」ということが本当に良く分かりました。

人間が食べるもので、ドッグフードのような臭い食べ物はないです。もちろん、「くさや」や「ドリアン」のように、独特の匂いを発生する食材はあります。しかし、ドッグフードの原材料を見ても、どこにも「くさや」や「ドリアン」のような、独特の匂いを発生する食材は使用されていません。では、なぜあんなにも臭いのでしょうか?

ドッグフードが臭いのは原材料に原因がある

市販のドッグフードの多くは、原材料の価格を安くするために、「肉骨粉(にくこっぷん)」という肉を使用します。肉と言えば肉ですが、私達が普段食べている肉とはかけ離れたものです。

簡単に言いますと、肉骨粉(にくこっぷん)とは、人間が食べることができない部分のお肉です。脳や脊髄や血などです。また、爪やトサカ、毛などが含まれている場合もあります。牛や鳥や豚やその他の動物の人間が普段食べていない部分です。もちろん、腐敗している場合がほとんどです。捨てる部分なので、冷蔵管理などはされていません。

これらを全部一緒に混ぜて、粉々にして高温で処理します。その中には、もちろん化学物質もたくさん使用されています。ここで使用された化学物質は原材料には表示されません。こうしてできた肉骨粉(にくこっぷん)がドッグフードの原材料の1つとして「肉」して使用されています。

とうもろこしが原材料に入っているドッグフード

ドッグフードの原材料を見ていると、とうもろこしが使用されていることが確認できる場合が多いです。とうもろこし自体は私どもも普通に食べますので、特に問題ないように思われます。しかし、ドッグフードに入っているとうもろこしは、私どもが想像しているとうもろこしとは異なります。黄色い実の部分ではなく、皮や芯の部分の場合が多いです。これはまだましなほうで、通常の製造工場では、人間が食べることができない品質のとうもろこし(破棄するもの)が、土が付いた状態のままで、ドッグフードの原材料として製造されている場合が多いです。しかも、その土には農薬が混ざっています。農薬が混ざっている土ごと原材料として、配合されているのです。

今食べさせているドッグフードが「臭い」場合は、今すぐ変更してください

他にも品質の悪い原材料をあげるとキリがありません。このような原材料を使用しているから、「ドッグフードは臭い」のです。臭いドッグフードが原材料に問題があると考えていただいて、間違いないです。

人間が食べることができる食材で、普通にドッグフードを製造すれば、人間が普通に食べることができる匂いのドッグフードが完成します。

今、愛犬に食べさせているドッグフードが臭い場合や、飼い主様が10粒くらい食べて美味しく食べることができないドッグフードは、間違いなく原材料に問題があります。

そのようなドッグフードを食べていると、数年後には体のいろんなところにトラブルが出てきます。皮膚にアレルギーが発生したり、腫瘍ができたり、涙やけがひどかったりと。

愛犬がドッグフードを食べなくて困っている

「愛犬がドッグフードを食べなくて困っている」という話も良く聞きます。ドッグフードを食べなかったり、いやいや食べていたり。戻したりするのは、ドッグフードが美味しくないか、本能的に体に悪いと感じているからです。品質の悪いドッグフードを食べない行動は、むしろ褒めるべき行動です。

臭いドッグフードは間違いなくおかしいです。愛犬の健康維持のためにも、今すぐドッグフードを変更してください。

臭くないドッグフード 国産ドッグフード「鶴亀長寿」をぜひ、10粒くらい飼い主様自身が食べてみてくださいね。今食べさせているドッグフードと比べてみてくださいね。