鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

フィラリア


フィラリア症とは

フィラリア症とはフィラリア(犬糸状虫)という寄生虫が心臓の内部に寄生する心臓の病気です。この病気は蚊が媒介しますので、愛犬ちゃんが蚊に刺されないようにするのが一番ですが、そのようなことは不可能ですので、しっかりと予防することと、薬を飲ませることが大切です。フィラリア症に感染している犬の血を蚊が吸ったときに一緒にフィラリアの子虫も一緒に吸います。その蚊が他の犬の血を吸う際に感染します。その子虫は犬の皮膚などで2~3ヶ月くらい成長し、その後、心臓に到達します。心臓でさらに成長し、20cmくらいの細長い虫になります。

症状

フィラリア症の症状は急に何か体に異変が起こることは少ないです。初期症状としては、軽い咳が出たりする場合もありますし、特に症状が出ない場合も珍しくありません。症状がひどくなると、咳が多く出るようになります。時には戻すこともあります。咳以外の症状としては、お腹に水がたまります。初期では少し太ってきたかなくらいの感覚で気付かない場合が多いですが、症状が進むと、お腹が大きく膨れてきます。咳とお腹の水はどちらかの一方の症状しか出ない場合もあります。

治療方法、予防方法

フィラリア症の予防方法としては、まずは蚊を寄せ付けいないことが大切です。ペット用の蚊取り線香なども販売されていますので、そのようなものを使っても良いですし、蚊を予防するには、蚊が近寄りにくいと言われているユーカリ成分配合のシャンプー「ジューイシャン」を定期的に使用することをお薦めします。

ジューイシャンはこちら(画像)をクリック

 

あと、蚊が出る季節になりましたら、定期的に動物病院で予防薬を飲ませることをお薦めします。最近ではフィラリア予防の注射もありますが、副作用がかなり多く報告されていますので、私はお薦めはしておりません。飲み薬で対応してくださいね。

フィラリア症に対する効果的な治療はなく、咳止めやお腹の水をたまらないようにするなどの薬を飲ませます。お腹の水を注射で除去する場合もあります。症状によっては、手術も必要になります。