鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

皮膚がん


犬のがんとは

このページでは、皮膚や皮下にできる腫瘍について説明いたします。犬の皮膚の腫瘍は、乳がんに次いで多い発生率です。一見、皮膚病のように見えたり、傷のように見えたりすることもあります。皮膚に異常が出たときは、早期に診察を受けてください。

症状

症状としては、皮膚にしこりができます。触ると分かりますが、皮膚病や外傷と区別をするのが困難な場合もあります。皮膚病の治療をしても改善しない場合は、腫瘍の可能性もあります。腫瘍には、良性のものと悪性のものがあります。悪性のものを「がん」と呼んでいます。

上皮腫(良性)
※皮膚のさまざまところが、きのこのようにもりあがります。

腺腫(良性)
※指の間やまぶた、肛門付近や耳の中にできます。平らでなめらかなしこりです。

脂肪腫(良性)
※皮下に脂肪のかたまりができます。徐々に大きくなります。

腺がん(悪性)
※耳の中や後門付近に発生しますが、短期間で大きくなります。

肥満細胞腫(悪性)
※体のどの部分に発生するかはわかりません。しこりは、こぶのようになっていたり、表面が壊死しているケースもあります。

扁平上皮がん(悪性)
※鼻・耳・爪などに発生します。一見、皮膚病や傷のように見えます。

診断方法は、細胞を取って検査することが必要になります。

治療方法

腫瘍が小さい場合は、手術によって取り除きます。腫瘍は早期発見が重要です。日常的に、ワンちゃんの体を撫でてあげたりして、しこりがないかチェックしてください。悪性で腫瘍が大きくなっている場合は、治療は困難になります。