鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

ヘルペス感染症


犬ヘルペス感染症とは

犬ヘルペス感染症とは、生後間もない子犬の腎臓や肝臓や肺などの臓器を機能させなくなる病気です。非常に死亡率の高い病気です。潜伏期間は約1週間くらいで、発病すると数日から1週間くらいで死亡するケースが多いです。原因はイヌヘルペスウイルスの感染によるものです。感染するのは、生後1ヶ月くらいまでの子犬のみです。感染経路は、胎盤感染または、産道での感染だと言われていますが、不明な点も多いです。

症状

犬ヘルペス感染症の症状は、生後間もなく、緑色っぽい下痢が見られます。母乳を飲まなくなります。嘔吐やよだれもみられ、呼吸も苦しそうにすることがあります。子犬が母乳を飲まなくなったら、この病気を疑ってください。

予防方法・治療方法

犬ヘルペス感染症の治療方法は、輸血や抗生物質を投与しますが、死亡率がかなり高いので、効果的な治療はほとんどありません。兄弟犬が感染したときは、他の兄弟犬は直ちに隔離し、潜伏期間であると考え、治療を行います。体温を高く保つことによって、命が助かるケースもあります。予防方法としては、効果的はワクチンは開発されていません。犬ヘルペス感染症が発症した子犬の母親は、出産を控える必要があります。

 
感染は自己回復力の低下により引き起こるケースが多いです。品質の悪いドッグフードを食べていると自己回復力が低下し、感染の原因になります。ドッグフードを下記のフードに変更して、様子を見てくださいね!

ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)