鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

ホルモン性皮膚炎


犬のホルモン性皮膚炎とは

犬のホルモン性皮膚炎とは、ホルモンの異常による皮膚のトラブルです。4歳、5歳くらいのワンちゃんに発病する場合が多いです。脱毛の時期以外に脱毛が見られたり、皮膚が見えるくらいに毛が抜けたときは、ホルモン性皮膚炎が疑われます。

症状

犬のホルモン性皮膚炎の症状は、脱毛です。少量の脱毛から、全く毛がなくなるくらいまで抜けるケースもあります。痒みは初期の症状では、ほとんどありません。脱毛する場所は分泌の異常が起こっているホルモンの種類によって異なります。体や、頭部、肛門周辺などの脱毛が多いです。脱毛に合わせて、大量に水を飲むようになったり、太ってきた場合は、ホルモンの異常が考えられます。

治療方法

治療方法は動物病院で、ホルモン薬などの薬を投与します。腫瘍がホルモンバランスに関与している場合は、腫瘍を取り除く場合もあります。治療には長期の期間が必要になる場合が多いです。