鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

犬伝染性肝炎


犬伝染性肝炎とは

犬伝染性肝炎とは、ウイルス性の肝炎で子犬の感染率、死亡率が高い重大な病気の1つです。ウイルスの伝染力が強く、症状が回復した犬からも数ヶ月にわたって、ウイルスが尿から排出されます。犬アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎ウイルス)というウイルスに感染することによって発症します。感染経路は、ウイルスにかかっている犬やウイルスにかかっていた犬の尿や唾液、食器などを舐めることによって感染します。症状が回復しても、半年くらいは体内にウイルスが残っていて、尿から排出されます。

症状

犬伝染性肝炎の症状はさまざまです。腹痛をおこしたり、血を吐いたり、血便をしたり、食欲がなくなったり、元気がなくなったり、鼻水を出したりします。重症になると、高熱が続き、下痢や嘔吐が続きます。

予防方法・治療方法

予防方法はワクチン接種です。ウイルスに感染している犬または、感染していた犬との接触は半年くらいは避けてください。治療方法は特効薬は今のところはございません。栄養補給、水分補給を行い、安静と保温を心がけます。抗生物質を吸入器(ネブライザー)で噴霧します。咳止めなどの薬を使用する場合もあります。

ウイルス感染は自己回復力の低下により引き起こるケースが多いです。品質の悪いドッグフードを食べていると自己回復力が低下し、ウイルス感染の原因になります。ドッグフードを下記のフードに変更して、予防してあげてください!

ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)