鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

コロナウイルス


コロナウイルス感染症とは

コロナウイルスとはウイルス性腸炎の1つで、嘔吐や下痢の症状が出ます。子犬が感染すると、生死にかかわる重大な感染症です。不衛生な環境で多頭で生活している犬がかかるケースが多いです。大型ブリーダーさんのところで発生するケースがよくみられます。コロナウイルスの感染力は非常に強いです。大型ブリーダーさんのところでは、一気に感染が広がるケースが多いです。感染経路は、コロナウイルスに感染している犬の嘔吐物や下痢便を舐めたりしたときに感染します。空気感染は基本的にはしません。パルボウイルスとの混合感染も多いです。

症状

犬のコロナウイルスの症状としては下痢や嘔吐がみられます。急に元気がなくなることもあります。中には感染しても、症状が出ない場合もあります。成犬の場合は、症状が出ない場合もありますが、子犬は下痢や嘔吐がみられることが多いです。下痢の特徴として、少し黄色がかった臭いの強い下痢便をします。血便がみられることもあります。

予防方法・治療方法

予防方法はワクチン接種です。ワクチンの種類によっては、コロナウイルスを予防するものが入っていない場合がありますので、獣医さんによく確認をしてくださいね。一般的によく接種させる5種混合ワクチンにはコロナウイルスを予防するものは含まれていないケースが多いです。治療方法は特効薬は今のところはございません。栄養補給、水分補給を行い、安静と保温を心がけます。二次感染を防ぐために、抗生物質や下痢止め、嘔吐止めを投与するケースもあります。

ウイルス感染は自己回復力の低下により引き起こるケースが多いです。品質の悪いドッグフードを食べていると自己回復力が低下し、ウイルス感染の原因になります。ドッグフードを下記のフードに変更して、予防してあげてください!

ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)