鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

鉤虫症


犬の鉤虫症(こうちゅうしょう)とは

犬の鉤虫症(こうちゅうしょう)は十二指腸虫症(じゅうにしちょうちゅうしょう)とも呼ばれます。1cmくらいの白い虫が小腸に寄生する病気です。鉤虫は小腸の粘膜から血を吸いますので、犬は栄養不良になったり、貧血を起こしたり、腸炎を起こします。1歳以下の犬が感染する確率が非常に高い病気です。治療しないと、死亡するケースもあります。鉤虫の卵が便と一緒に排出され、成長し、土の中で生きます。口から感染する経口感染と、皮膚や毛穴から鉤虫が入る経皮感染になります。

症状

犬の鉤虫症の症状は、下痢、血便などです。生後間もない場合は、母乳を飲まなくなり、衰弱します。成長した犬の場合は、食欲がなくなり、痩せてきます。血便になり、目の結膜や口の粘膜が白っぽくなります。

治療方法、予防方法

治療方法は動物病院で駆虫薬を飲ませます。注射で対応することもあります。症状が軽い場合は、比較的すぐに完治します。腸炎の薬や栄養剤などを併用する場合もあります。症状がひどい場合は、輸血などが必要になります。便をすぐに片付けることも大切です。鉤虫は土の中にいることが多いので、不衛生な土の場所はできるだけ散歩させないことが必要になります。胎盤感染するケースもありますので、妊娠前(交配前)には、駆虫薬を飲ませておくことも予防になります。