鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

甲状腺機能低下症


犬の甲状腺機能低下症とは

犬の甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなり、脱毛を起こす病気です。犬では特に多く見られるホルモンの異常です。

症状

犬の甲状腺機能低下症の症状は、脱毛です。しかも、地肌が見えるくらいに脱毛します。脱毛は左右対象に脱毛する場合もありますし、そうでない場合もあります。痒みはないです。皮膚が黒くなることもあります。皮膚以外の症状としては、動きが鈍くなったり、元気がなくなったりします。食欲が異常に出たりすることもあります。また、繁殖能力が低下することもあります。原因は、先天性の場合や、何かの病気の影響や、薬の副作用、ストレス、麻酔などさまざまです。

治療方法

治療方法は動物病院で、甲状腺ホルモン薬を投与します。期間は長期にわたりますが、適切な量の薬であれば、副作用などはあまり心配ありません。脱毛した部分に毛が生えてくるようになるには、数ヶ月はかかる場合が多いです。根気よく治療してあげてください。

 
ずっと元気でいて欲しい!1日でも一緒に長くいて欲しい!
それだけを考えて開発したドッグフードです!

こだわりの国産ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)