鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

玉ねぎ中毒


タマネギ中毒とは

犬はタマネギを食べると中毒をおこすことがあります。長ネギなども中毒をおこす場合があります。

 

人間の食べた残り物などを与えている方もおられますが、その中にたまねぎなどが入っていると危険です。基本的にドッグフードを与えるようにしてくださいね。たまねぎを食べると貧血をおこします。

症状

嘔吐や下痢の症状がでます。中には症状の出ない愛犬もいます。

大量に食べると生命にかかわりますので、十分に気をつけてあげてください。

タマネギや長ネギなどには、犬の血液中の赤血球を壊してしまうアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。その成分によって、犬がタマネギを食べると、赤血球が破壊されて、急性の貧血や血尿などを引き起こす場合があります。

これを、犬のタマネギ中毒といいます。

ひどい場合には、真っ赤な血尿が出たり、嘔吐、下痢、心臓の鼓動が早くなる、目の結膜が白くなるなどの症状が出る場合があります。

タマネギの毒性は加熱(調理)しても変化しませんので、ハンバーグやすき焼きなどの残り物を与えるのは危険です。

タマネギの危険な量

どれくらいの量が危険かというと、もちろんほんの少量なら特に問題ありませんが、個体差もありますが、一般的に下記の量以上なら危険です。

体重1kgあたり、20gくらい

体重5kgくらいなら、100gくらい(かなりの量ですので、これほどの量のタマネギを一気に食べることは普通はないと思います)

もしタマネギを食べてしまった後に、愛犬ちゃんの体調がよくない場合は、すぐに診察してもらってください。

愛犬の食事は基本的には良質なドッグフードを与えてあげてください。手作り料理などを作っている場合は、タマネギや長ネギなどには十分にご注意下さいね!

 
その他に犬が食べると危険なものはこちら