鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

嘔吐


犬が吐く原因は?

犬が吐く原因には病気の場合と病気でない場合があります。

よくある現象が黄色い泡のようなものを吐くという現象です。これは空腹時による胃酸過多によるものだと思われますので、夜に長時間空腹にならないように、夜ご飯を遅くするか寝る前などに少しおやつや食事をあげるなどすれば、改善する場合が多いです。ドッグフードの種類を変更するのも1つの方法です。栄養が少ないドッグフードやすぐに体内で吸収してしまうようなドッグフードを食べていると、吐きやすいです。

おすすめドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)

その他には食べ過ぎや草などを食べて吐く場合もありますが、これも特に心配する必要はないと思います。

上記のような原因がないにもかかわらず吐く場合は何かの病気の可能性もあります。

何かの病気の場合もありますし、異物を飲み込んでいる場合もあります。

病気でない場合は吐いた後は何事もなかったように元気にしている場合が多いです。病気の場合はいつもとは違う少し体調の悪そうな仕草が見られると思います。

激しい嘔吐をする場合は、伝染病や早急に治療の必要な病気の場合も多いですので、早めに獣医さんで診察してもらってください。下痢などを伴うときは特に注意が必要です。

吐いたあとに元気にしている場合は特に心配ないと思いますが、激しくはいたり、下痢を伴ったり、いつもより元気がないときはすぐに動物病院で診察を受けてください。

胃腸が弱っているときは、ドライフードよりも水分の多いレトルトフードを食べさせてあげてください。

レトルトフードなら「宮崎県産霧島鶏 無添加レトルトフード トリトッピン」がお薦めです。