鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

パスツレラ症


パスツレラ症とは

日本では4種類の細菌が確認されています。(パスツレラ・ムルトシダ/パスツレラ・カニス/パスツレラ・ダグマティス/パスツレラ・ストマティス)多くの原因はパスツレラ・ムルトシダです。

パスツレラ症の症状

犬の75%、猫の100%がこの菌を保有しているようです。パスツレラ菌は口腔内常在細菌です。感染経路は動物にひっかかれたり噛まれたりしたときに感染したり、呼吸器からの感染が多いようです。犬がパスツレラ症にかかった場合は、ほとんどが無症状です。猫はまれに肺炎を起こします。人間は感染部分が赤く腫れ、痛みや発熱を伴います。感染した部分が関節に近いと、関節炎や骨髄炎を起こします。また、気管支炎や外耳炎などを発症することもあります。近年、パスツレラ症は増加傾向にあります。死亡例もまれにありますので、十分に気をつけてください。

予防方法

日常的な予防としては、清潔な環境を保つことが必要です。細菌をしっかり除菌してください。