鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

レプトスピラ症


レプトスピラ症とは

レプトスピラ症はレプトスピラ・インテロガンスという細菌による感染症です。動物間で循環的に感染している病気です。感染経路は、レプトスピラ症に感染したネズミや犬の尿や尿に汚染された水、土などから人間の皮膚や傷口から感染します。人間にも感染します。

レプトスピラ症の症状

犬が感染した場合は、血便、発熱、口の粘膜からの出血などを起こし、死亡するケースもあります。猫の発症例はほとんどありません。レプトスピラ症は感染しても自然に治ってしまうケースもあります。主な症状としては、腎炎になり、胃腸炎や口内炎などが出ます。熱が出て、目の充血も見られます。症状が進むと、嘔吐や下痢をし、オシッコの臭いが強くなります。全くオシッコをしなくなるケースもあります。他の症状として、皮膚が黄色くなる(黄疸)が見られる場合もあります。人間に感染した場合は、風邪に似た症状が出ます。発熱や寒気、目の充血などで、重症の場合は、腎臓の障害、出血などが見られます。

レプトスピラ症の予防、治療方法

ワクチンで予防できますので、ワクチン接種が有効です。ただ、それほど多く発症事例はありません。発症した場合は、獣医さんで抗生物質を処方してもらってください。細菌を殺すことが重要です。細菌をやっつける抗生物質を投与します。脱水症状があれば、輸液を行ないます。症状によっては、ブドウ糖やビタミン剤を投与するケースもあります。

細菌感染は自己回復力の低下により引き起こるケースが多いです。品質の悪いドッグフードを食べていると自己回復力が低下し、感染の原因になります。ドッグフードを下記のフードに変更して、予防してあげてください!

ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)