鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

細菌性腸炎


犬の細菌性腸炎とは

犬の細菌性腸炎とは細菌の感染によっておこる腸の炎症です。細菌の種類はさまざまで、カンピロバクター菌、サルモネラ菌、スピロヘーター菌、クロストリジウム菌、緑膿菌、大腸菌、プロテウス菌などがあります。多くはサルモネラ菌とカンピロバクター菌が原因になります。感染経路は、細菌に汚染された水や食物などを口にすることによって感染します。

症状

犬の細菌性腸炎の症状は下痢になります。下痢の症状もさまざまです。便の状態は、軟便、水のような便、血液の混ざった便などいろいろです。下痢がひどい場合は、脱水症状にも気をつけなければなりません。食欲もなくなり、元気もなくなります。子犬の場合は、急性で激しい症状となり、死亡するケースもあります。カンピロバクター菌やサルモネラ菌と同時に、パルボウイルスやコロナウイルスに感染した場合は、非常に危険な状態となります。

治療方法・予防方法

動物病院での原因菌の特定は、困難です。抗菌薬を投与して、経過を観察します。その後、有効な抗生物質を投与します。脱水状態になっているときは、ブドウ糖などを投与します。同時に、腸粘膜の保護剤も使用します。予防方法としては、常に清潔な環境を保つことが必要です。

感染は自己回復力の低下により引き起こるケースが多いです。品質の悪いドッグフードを食べていると自己回復力が低下し、感染の原因になります。ドッグフードを下記のフードに変更して、様子を見てくださいね!

ドッグフードはこちら(画像をクリックしてくださいね!)