鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

歯周病


3歳以上の犬の約80%くらいが歯周病になっているとのデータがあります。

歯石付着

歯石が付いている状態です。歯が茶色く変色しています。歯の付け根の歯茎にも炎症があります。

歯石除去後

歯石を除去した後の写真です。茶色い歯石はきれいに除去されました。

 

エプリス

ちょっと聞きなれないと思いますが、エプリスという歯肉部分にできる腫瘍です。歯垢が原因の1つと言われています。

除去後

腫瘍を除去した後の写真です。

犬の歯周病(ししゅうびょう)とは

犬の歯周病とは、犬の歯の周辺に起こる歯のトラブルです。初期段階では歯ぐきに炎症が起こります。犬は自分では歯磨きができませんので、飼い主様が、しっかりと予防してあげてください。

症状

犬の歯周病は歯ぐきに少し炎症が起こった程度では、飼い主様はほとんど気付かない場合が多いです。自分のことなら少し水がしみたり、痛みがあったりしてすぐに分かりますが、愛犬の場合は言葉で伝えることができないので、初期の段階ではほとんど見つけることは困難です。見分け方としては、歯ぐきの色の変色が目安です。できるだけ、定期的に歯ぐきの色をチェックしてあげてくださいね。ひどくなると、口臭(悪臭)がひどくなります。出血を伴う場合もあります。あと、歯がぐらぐらする場合もあります。原因は外傷または細菌です。

治療方法、予防方法

治療方法は歯石を取り除きます。全身麻酔が必要になる場合が多いですので、できるだけ歯周病にかからないように、日常の手入れをしてあげてくださいね。
歯磨きの方法はさまざまな方法がありますが、手袋型の歯みがきで歯を磨いてあげてください。これが一番かんたんで、使いやすいです!

歯磨き手袋「歯石キセキ」の詳細はこちらをクリック!