鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

ドッグフードの原材料のお肉について


meat

ドッグフードに入っているお肉の種類

ペットショップやホームセンターで販売されている多くのドッグフードに入っているお肉は、私達が想像しているお肉でないことが多いです。

原材料表示を見るとすぐに分かりますが、鶏肉や牛肉などとは記載されておらずに、「肉類」や「肉副産物」と書かれているのを見つけることができると思います。肉ではなく、肉類や肉副産物です。この「類」や「副産物」にからくりがあります。

「肉類」「肉副産物」「ミートミール」など

「肉類」と表示があれば、これは人間が食べることができない部分のお肉が入っていると言うことです。「死亡したものの肉」「死にかけていたものの肉」「病気であるものの肉」「負傷しているものの肉」のいわゆる食品不適格品である可能性が高いです。普通のお肉が入っている場合は、鶏肉などと表示されます。

次に「肉副産物」と記載されている場合もあります。

肉副産物の定義は「哺乳動物から取り出される汚染されていない部位だが精製されていない肉以外の部位。肺、脳、血液、骨、腎臓、肝臓など」とあります。要するに、通常私たちが日常生活でよく食べている肉以外の部分です。

カンタンに言えば、人間が食べることができない部分です。これらは「副産物」と表示されます。

また「ミートミール」と表示がある場合は、「肉粉」です。普段食べることができないお肉を粉状にしたものです。「ミートボーンミール」は「肉骨粉」です。これは骨を砕いて粉状にしたものです。

また、鶏肉や牛肉と表示されていても、新鮮な国産のお肉の場合もありますし、品質が劣化した、長期間冷凍保存されていた海外産のお肉の場合もあります。これは、原材料表示では見分けることはできません。

ドッグフードに使用されているお肉にはいろいろな定義のお肉があります。1つ1つ説明していると膨大な種類になります。

カンタンに見分ける方法として、下記を参考にして下さい。

【人間食べることができるレベルのお肉が入っている場合の表示例】

・鶏肉、牛肉、馬肉、豚肉、鹿肉など
※ただし、どのような品質のお肉が入っているかは、製造会社を信じるしかありません。

【絶対に避けるべきお肉が入っている場合の表示例】

・肉類
・肉副産物、鶏副産物、畜肉副産物、牛肉副産物などの○○副産物
・ミートミール、ミートボーンミール、家禽(かきん)ミールなどの○○ミールなど
※家禽(かきん)とは鶏肉、あひる、七面鳥などの人間用のお肉としては食べることができない品質のお肉です。肉のゴミという解釈で大丈夫です。

市販のドッグフードには、私達が普段食べている品質のお肉が入っていることは非常に珍しいです。原材料をしっかりと確認してください。

人間の品質と同じ国産の鶏肉が入っている、国産ドッグフード「鶴亀長寿」はこちら