鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

犬にパセリを食べさせてもよいのか?


パセリ

犬にパセリを食べさせても大丈夫!

犬にパセリを食べさせても問題ありません。むしろ、愛犬ちゃんの健康を考えるなら、パセリの栄養成分を摂らせない手はありません。

肉料理の横にちょこんと付け合わせ程度に添えられるパセリ。今まであまり食べなかった飼い主様もいらっしゃるかもしれません。実は、パセリには様々な健康効果が期待できる栄養成分が入っているのです。

今回は、パセリに含まれる栄養成分の働きや、犬にも期待できる健康効果などについてお話しします。犬にパセリを食べさせる際の注意点もお伝えするので、ぜひ最後までお読みくださいね。

パセリの栄養成分と犬に期待できる健康効果

パセリは、2,000年以上もの昔から、薬草や香辛料として人や家畜に利用されてきました。

スーパーで1年中手に入るパセリが美味くなる旬は3月から11月と、意外に長く収穫できます。ご自宅で栽培している飼い主様もいらっしゃることでしょう。

パセリには、免疫力向上効果を持つビタミンエース(ビタミンA、C、E)などを始め、鉄やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、栄養価が高い緑黄色野菜として知られています。

パセリ独特の香りは、アピオールやピネンという芳香成分。さらに、葉緑素を多く含んでいるのも特徴です。

パセリの栄養成分がどんな働きを持っているのか、犬にはどんな健康効果が期待できるのか見ていきましょう。

ビタミンエースで老化を予防

パセリに含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの量は、野菜の中ではトップクラスです。

ビタミンエースと呼ばれるこれら3つのビタミンの働きは多岐に渡り、免疫力向上や視力の維持、健康な粘膜や皮膚の維持など、ワンちゃんの元気な体作りに欠かせません。

さらに、ビタミンエースには強力な抗酸化作用があるため、細胞を傷付ける活性酸素を効果的に除去します。結果として、体の老化予防、動脈硬化、ガンの予防などの効果が期待されています。

活性酸素が増える原因として、ストレスや激しい運動、添加物の摂取など、多くの要因が挙げられます。

細胞が傷付いて再生が上手くいかないと様々な病気を引き起こし、ワンちゃんの寿命にも深くかかわります。

パセリの抗酸化作用は、元気いっぱいのワンちゃんだけでなく、ストレスを抱えやすいワンちゃんや、皮膚トラブルを抱えるワンちゃんにも役立ちます。

鉄で貧血予防と疲労回復

パセリに含まれる鉄の量は多く、鉄が多いほうれん草の約4倍近くも含んでいます。鉄は赤血球の成分となり、貧血を予防する働きがあります。

ほかにも、全身に酸素を運ぶ働きもあるため、疲労回復や免疫向上にも欠かせません。運動した際の乳酸の上昇を抑えるので、アジリティを楽しむワンちゃんにも有益です。

アピオールとピネンで口臭・体臭予防

アピオールとは、パセリやセロリなどが持つ香り成分です。食欲増進作用や利尿作用を持ち、疲労回復や精神安定、口臭・体臭予防などにも役立ちます。

食欲がない、落ち着きがない、お口や体が臭うときなどに、パセリの香り成分が有効に働きます。

葉緑素でガン予防

パセリの緑色は、葉緑素のクロロフィルという天然色素が関係しています。ブロッコリーやピーマン、しそ、わかめなど、緑色の食品に含まれています。

クロロフィルには、発ガン性物質の吸収を阻止し、DNAの損傷を防ぐ働きがあるため、強力な抗ガン作用があると考えられています。ほかにも、デトックス効果や血液浄化、血行促進作用などが期待される成分です。

ワンちゃんのガンも珍しくありません。いつまでも元気でいられるように、パセリのパワーを活用したいですね。

犬にパセリを食べさせる際の注意点

加熱しなくてもよい

パセリの葉や茎を犬に食べさせる際は、特に加熱しなくても大丈夫です。少量の油でサッと炒めれば、β-カロテンの吸収率が高まります。パセリはみじん切りにして食べさせましょう。

食べさせ過ぎは注意

人間でもパセリを1束食べることはありませんよね。パセリには健康効果が期待できる栄養成分が豊富ですが、犬にも食べさせ過ぎてはいけません。

ヒトの場合、パセリのアピオールの摂り過ぎは、吐き気や流産の要因になると言われています。

ご自宅でパセリを栽培している飼い主様は、愛犬ちゃんが大量に食べないように気を付けましょう。また、パセリをオモチャとして遊ばせないでくださいね。

犬の健康のためにパセリを上手に活用して!

パセリに期待できる健康効果をまとめてみましょう。

・免疫力向上
・視力の維持
・皮膚や粘膜の強化
・老化予防
・疲労回復
・貧血予防
・ガン予防
・口臭・体臭予防 など

犬にパセリを大量に食べさせる必要はありません。少量ちぎって食べさせる程度で十分です。乾燥させたパセリを常備して、パラパラっとご飯にかけてあげてもよいですね。

実は、鶴亀長寿にもパセリが入っています♪
「食いつきが抜群です!」
「老犬でも皮膚の状態が回復しました!」
「便が臭くありません!」
「下痢も吐き気もなくなりました!」
など、嬉しいお声をたくさんいただいています。

添加物無添加の国産ドックフード『鶴亀長寿』。せひ、お友達にも教えてあげてくださいね。


SNSでも情報発信中!

--