鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

犬にさつまいもを食べさせてもよいのか?


さつまいも

犬にさつまいもを食べさせても大丈夫!

すでに、犬にさつまいもを食べさせていらっしゃる飼い主様も多いかもしれません。
さつまいもには中毒を起こす成分もなく、犬に食べさせても大丈夫です。

さつまいもは加熱によって甘くなる野菜ですが、犬の味覚は甘味を敏感にキャッチする能力があるので、さつまいもは犬が好きな食品の1つと言えます。

今回は、さつまいもの特徴的な栄養成分や期待される健康効果、効果的な調理法、犬に食べさせる際の注意点についてお話ししていきます。

さつまいもの栄養成分と健康効果

さつまいもには、炭水化物やビタミンC、ビタミンB6、食物繊維が比較的多く含まれています。ほかにも、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸や、樹脂成分の一種であるヤラピンといった成分が含まれているのが特徴です。

犬にさつまいもを食べさせるにあたり、それぞれの栄養成分の特徴や、どのような健康効果が期待できるのかを見ていきましょう。

炭水化物はエネルギー源

さつまいもの主成分は炭水化物です。犬にとって炭水化物は必須栄養素ではないものの、生きていくためのエネルギー源として働きます。

ビタミンCで細胞の酸化を守る

ビタミンCは細胞のサビ付きを防ぐ抗酸化作用を持っているので、生成能力が低下した高齢犬や関節炎のワンちゃん、運動量の多いワンちゃん、術後、病後などにもおすすめです。

通常ビタミンCは加熱に弱いのですが、さつまいもを丸ごと蒸かしたり焼き芋にする場合は壊れにくいことがわかっています。

ビタミンB6で皮膚を丈夫に

ビタミンB6は免疫力を高める働きや、脂質や糖、タンパク質の代謝をサポートする水溶性のビタミンです。皮膚や粘膜を強くするため、ワンちゃんのアレルギーを緩和することも期待されています。

犬はタンパク質を多く摂取するため、同時にビタミンB6の補給も必要です。水に溶けだす性質なので、茹でるよりも蒸したほうが効果的に摂取できます。

食物繊維で便秘解消&デトックス

食物繊維は腸壁を刺激して便通を促進するほか、便のカサを増して排泄しやすくしてくれます。
さらには、体内の老廃物を絡めて排出する“デトックス効果”によって血液全体が綺麗になり、口臭やウンチの臭いもやわらぎます。

クロロゲン酸で老化防止&ダイエット

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、強い抗酸化力による老化防止とダイエット効果を持っています。

さつまいもの皮の近くにあるクロロゲン酸は加熱に弱いので、焼き芋ではなく皮ごと蒸すほうが効果的です。

ヤラピンで便秘解消

さつまいもを包丁で切ると、白いベタベタした液体が出てきますよね。これが樹脂の一種であるヤラピンです。

腸の蠕動運動を活発にして便通をよくする働きや、ウンチを柔らかくする“緩下作用”を持っているので、ワンちゃんの便秘解消に役立ちます。

ヤラピンは加熱に強いので、蒸かし芋や焼き芋にしても成分は残ります。ヤラピンはさつまいもの皮のすぐ下にあるため、皮ごと食べさせてみましょう。皮に含まれるポリフェノールも一緒に摂れて一石二鳥です。

犬にさつまいもを食べさせる際の注意点

肥満に注意

皮を剥いて蒸したさつまいものカロリーは、100g当たり134kcalです。ご飯(精白米)と比較すると、ご飯茶碗の約1/2杯分に相当します。
皮付きのまま蒸したさつまいも一口分(10g)なら14kcalです。

細くて小さめのさつまいもでも150gぐらいあるので、毎日1本ワンちゃんに食べさせていたらカロリーオーバーで太ってしまいます。

さつまいもは糖分を多く含みますが、ゆっくりと血糖値を上昇させる“低GI食品”なので比較的太りにくいと言われています。しかし、ワンちゃんに食べさせる場合は一口程度に留めておいたほうがよいでしょう。

犬のお誕生日ケーキやクッキー作りにさつまいもは重宝しますが、体重に応じてカロリーを意識して作ってくださいね。

食物繊維の摂り過ぎに注意

さつまいもの両端に、かなりしっかりとした食物繊維(不溶性)が見えることがありますよね。さつまいもには水溶性と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていますが、犬は食物繊維の消化が苦手です。

食物繊維を摂り過ぎれば下痢や消化不良を起こすことがあります。できれば端っこは避け、真ん中辺りを細かくカットするか潰して食べさせましょう。

ちなみに、食物繊維は蒸かし芋よりも焼き芋のほうが約1.5倍に増えます。すでに食物繊維が入っているドッグフードにトッピングするなら、蒸かし芋のほうがよいでしょう。

さつまいもを使った犬のおやつ

様々なメーカーからさつまいもを使った犬のおやつが販売されていますね。おやつのカロリーやワンちゃんの体調を確認し、特に問題がなければ食べさせても大丈夫です。

犬のおやつには添加物が入っていることも多いので、同じ種類のおやつを長期間与え続けることは避けたほうがよいかもしれません。

さつまいもチップスも食べさせてよい?

さつまいもチップスはあくまでも人間用のお菓子です。お菓子の美味しさにつられて何度でも欲しがるようになっても困りますし、何より油や砂糖も入っているため食べさせないことをおすすめします。

また、実際に起きた事故ですが、さつまいもチップスなどお菓子の袋を覚えていたワンちゃんが、お留守番中にゴミあさりをした結果、袋が顔に貼り付いて窒息死してしまいました。
これは、おやつの袋全般に言えることなので、ぜひとも注意してくださいね。

さつまいもにもシュウ酸が含まれている

さつまいもには“シュウ酸”というシュウ酸カルシウム尿結石の原因となる成分が含まれています。
ほうれん草に含まれるシュウ酸は茹でることでほぼなくなりますが、さつまいもも皮を剥いた状態で茹でたり蒸したりするとシュウ酸がほぼなくなります。

ただし、皮付きの蒸し芋と焼き芋にはシュウ酸がそのまま残るので、結石になりやすいワンちゃんの場合は、あえて食べさせないという選択でもよいでしょう。

さつまいものカリウム量は意外に多い

さつまいもにはカリウムが多く含まれています。カリウム量を最も減らせる調理法は、皮付きのまま蒸すことです。

茹でたほうれん草一口(10g)には約50mg、皮付き蒸し芋一口(10g)には約40mgのカリウムが含まれるので、カリウム制限を受けているワンちゃんや腎臓、心臓の病気を抱えているワンちゃんには食べさせないほうがよいでしょう。

犬も大好きなさつまいもは調理法と量を意識して

甘くて美味しいさつまいもは犬も大好きです。さつまいもをワンちゃんに食べさせるなら、体質や病状などを考慮して効果的な調理用を選んでくださいね。

さつまいもを手作りケーキやクッキーなどに使う場合や、肥満気味のワンちゃんには食べさせる量や回数も意識しましょう。