鶴亀長寿などペットフード・ペット用品開発通販の日優犬高松

  • 送料・手数料 全国無料
  • 1年以内 返品可能
  • 平日12時まで 当日発送

コールセンター受付時間 9:00〜18:00

定休日:土曜、日曜、祝日

カゴを見る

犬のトイレのしつけ方!トイレを失敗する理由と教え方


toilet

 

トイレさえ上手にしてくれればこんなに怒らなくていいのに

子犬を家族に迎えて、愛犬と一緒に楽しい生活を過すことを想像していたのに、気が付くと「毎日イライラしていつも怒ってしまう。」という飼い主様も少なくありません。子犬を家族に迎えるときは、まさかトイレの失敗が原因で、「こんなにもストレスを感じ、毎日イライラし、いつの間にか愛犬に怒ってばっかりの日々になってしまう」ということは想像もしていなかったと思います。このページをご覧頂くことで、少しでも気持ちが楽になり、またワンちゃんのトイレの成功率が少しでも上がることを祈っています!

 

犬の脳は人間の保育園児くらいの脳だということを理解してください

犬は人間とは違います。人間より嗅覚などは優れていますが、脳に関しては3~4歳児くらいだと言われています。3歳~4歳児のお子様を育てたことがある方ならお分かりになると思いますが、3歳~4歳のお子様は、トイレが100%バッチリできていたでしょうか?できていた子もいると思いますが、失敗することもたくさんあったと思います。犬は何歳になっても人間の3~4歳児くらいの脳です。トイレは失敗しても当たりまえくらいのゆとりを持った気持ちで接してあげてください。飼い主様がイライラすると、愛犬にも伝わります。飼い主様の心にゆとりがあると、愛犬にもゆとりができ、トイレの成功率が上がることもあるかもしれません。

 

家に来たばかりの、生後2ヶ月~3ヶ月くらいの子犬の場合は

生後2ヶ月くらいの子犬を家族に迎えて「どうして、トイレができないの?」とイライラしている飼い主様も多く見られます。子犬で生後2ヶ月や3ヶ月というと人間では1歳くらいの子供です。そのような子供に100%を求めるほうが無理です。「できなくて、あたりまえ!」という気持ちを持っていると飼い主様にもゆとりができ、愛犬に対する接し方も寛大になり、愛犬も気持ちよくしつけを勉強することができます。とにかく、あせらないでゆっくりと練習しましょう。
toilet2

 

体罰を与えるしつけ方法は、良いことか

昔はトイレのしつけは失敗すると体罰を与えたり、犬の鼻をこすりつけて叱るという方法が主流でしたが、この方法は現在では不適切です。それは、体罰や叱るという行為を続けていると、やがて愛犬は「人間は恐いもの」と覚えてしまい、臆病になったり、攻撃的になってしまう恐れがあるからです。また、おしっこをすること自体をダメなことと覚えてしまう子もいて、おしっこを我慢するようになってしまいます。ですので、褒めることを中心にしつけをすることをお勧めします。

 

快適にトイレができる場所とは

まず、飼い主様に認知していただきたいことは、愛犬が快適にオシッコができる場所と人間がオシッコをしてほしい場所は違うということをです。もし、飼い主様がトイレをするときにみんな大勢がいるリビングの真ん中などにトイレがあると、何かトイレに行きにくいですよね。そのような感じで、愛犬にも快適におしっこができる場所とできない場所があるのです。快適にできない場所で永遠に「トイレはココよ」と教えることは効率が悪いです。それならば、快適にできる場所を愛犬に選んでもらったほうが話は早いです。愛犬がよくおしっこを失敗する場所にペットシーツをセットして、ペットシーツの上でトイレをすることを覚えてから、徐々に場所を移動する方法がベストです。

 

どのようにトイレを教えるか?

そこでどうするかというと、まず愛犬が生活しているスペース一面にペットシーツを敷き詰めます。ペットシーツを10枚くらい敷き詰めるイメージです。朝一番やご飯を食べた後など、愛犬がオシッコをしたいと思う時間に、ゲージやサークルから出し、ペットシーツを敷き詰めた部屋(場所)に放します。

このときに、飼い主様は「オシッコはトイレでしてね~」などと声をかけ、愛犬についていきます。しばらくすると、愛犬はその場所のどこかでオシッコをします。その場所付近が愛犬が快適にオシッコができる場所なのです。オシッコをしたらすぐに、「よくできたね~上手にできたね」などとよく褒めてあげます。

数日間、同じように繰り返すと、愛犬がよくオシッコをする場所とまったくしない場所がでてきます。まったくしない場所のペットシーツを徐々に取り除いていきます。

そして、ペットシーツを何枚か取り除いた後も同じように、オシッコの時間になったら、「オシッコの時間よ」などと声をかけながらついていきます。上手にペットシーツの上で、オシッコができたらすぐに褒めます。

 

トイレを失敗しても叱ってはいけません

ペットシーツのないところでオシッコをしても、決して叱ってはいけません。失敗している最中でもいいですし、オシッコがほとんど終わりそうなときでも結構ですので、近くのペットシーツの上に連れて行って、そこで終わらせて褒めてあげます。叱ると「オシッコすること自体が悪いこと」だと間違って覚える愛犬もいますので、オシッコをすることはいいことだということを教えてあげてください。

その後、数日したら、一番オシッコをする回数が多かった場所のペットシーツだけを残して、他のペットシーツは完全に取ってしまいます。いつも通り、オシッコのしやすい時間になったら、声をかけながらついて歩きます。成功したらすぐに褒めて下さい。失敗したら、近くのペットシーツまで連れて行って、褒めて下さい。こうすることによって、「オシッコをすることは悪いことではない」「飼い主様は恐くない」ということを覚えていきます。1枚か2枚のペットシーツの状態で成功するようになれば、トイレのしつけはもうほとんどできたようなものです。

ここまではうまくいっても、最後に残されたペットシーツが部屋の真ん中などではちょっと、困ります。そこで、80%くらいトイレを成功するようになったら、そのペットシーツを1日数十センチずつ、飼い主様が希望する場所まで移動させていきます。

この方法は飼い主様を恐がらせないだけでなく、将来の生活にも大いに役立ちます。この方法は「オシッコはここでしなさい」という場所を教えるものではなく、「オシッコはペットシーツの上でしなさい」ということを教えるものです。その理由は、ペンションに泊まりに行ったとき、親戚のお宅に泊まりに行ったとき、実家に愛犬と一緒に帰ったとき、引越しして環境が変わったときなどに効果を発揮します。場所ではなくて、オシッコはペットシーツの上と教えられた愛犬はどこでもペットシーツがあれば、オシッコが出来るようになるのです。

また、この方法では、体罰を与えたり、叱ったりはしませんので、オシッコを我慢して膀胱炎になったりということもありません。